スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まさかまさか

6月の終わりに出品したコンペに佳作で入賞しました。

立体作品2点と手描きの背景と立体を合わせたイラストを1点出品しました。

全然連絡が無かったのでもうダメかと思っていた矢先に入選通知が届きました。
今まで賞とは無縁だったので、小さな賞ですがとても嬉しいです。

そして入選作品は8月21日から9月5日までおじゃら画廊で展示を行っています。

もし暇がありましたら是非。
スポンサーサイト

まとめて映画の感想

感想です。

スペル
サム・ライミ監督作。すごいB級臭のする映画で、これ絶対ギャグでやってるだろ!怖がらせる気無いだろ!って
シーンが結構あって面白かったです。
タイトルは「死霊のはらわた・地獄の呪文」とかでもいいんじゃなかろうか。

ホワイトアウト
ユージオダの邦画じゃなくてケイト・ベッキンセールのやつです
予告がホラーっぽかったから遊星からの物体Xみたいのかと思ったら違いました。別に普通の映画でした。
ただ、南極の基地での殺人事件の調査ってシチュエーションはなかなかないと思いました。

THE WAVE
独裁政治を学ぶ体験授業をきっかけに洗脳されていく高校生たちの姿を描いた映画。
みんなすんなりハマり過ぎな気がするけど、集団心理の恐さ・異様さは伝わってきます。
でも実話が元になってるってのが一番恐ろしです。

カールじいさんの空飛ぶ家
ピクサーってキャラクターのディフォルメがすごく上手いです。今回は犬が特に良かった。話もよかったと思う。ウォーリーより好き。

REC2
え、何この展開…こういう方向に行っちゃうのかよ~…
REC1作目は最高に面白かったけど2は…やっぱこういう映画は続編難しい、っつーかやっちゃダメですね。
ほぼ失敗します。3もやるみたいだけど期待できません。
1作目はかなりツボって映画館で観なかったことを後悔して、2は観に行こうと思ったけど
結局行かなくて正解だった。1作目が良かっただけにこの続編の出来は悔し過ぎる!
本当になんでこんなにしちゃったんだろ…
今年観た中でダントツのガッカリ&クズ映画です。

母なる証明
グエムルや殺人の追憶のポン・ジュノ監督作。
オチを観る前から知っていなければもっと楽しめたかな。

フォースカインド
あんまり面白くなかったけど、心理学者の人の顔が怖すぎです。
別に特殊メイクをしているわけじゃないけど怖い顔をしています。
いつ首が360度回転しながら緑のゲロを吐いてもおかしくないような顔でした。

ビッグ・バグズ・パニック
これぞB級というようなB級映画の鑑のような映画でした。
主人公がかなりボンクラでKYでウザイけど終盤がんばる。
巨大虫の数がもっと多かったらよかったんだけど、結構面白かったです。

座頭市(89年版)
勝新最後の座頭市。殺陣もスピーディーで本当にカッコイイ。当時60前とは思えないです。
勝新の渋さにしびれます。

デビルハザード
ショーン・コネリーんとこのせがれが監督したホラー映画。それだけ。
特に面白くもない1番悪いタイプのB級映画です。2日で内容を忘れます。

アフロサムライ・レザレクション
続編モノ。好みかは置いといてキャラ、世界観作画は悪くないと思うけどストーリーがイマイチだったのか?
すごい眠くなる。うまく説明できない出来の悪さ。いや、出来が悪いのか…?
うーん、どこがどうよくないのか説明できないのがもどかしいです。

座頭市と用心棒
これは面白かった!勝新に三船に岸田森、濃い役者が揃っていました。勝新と三船の掛け合いもコミカルで面白いしアクションシーンもカッコイイ。そして監督は岡本喜八。
TUTAYAよ、イーストミーツウエストを置いてくれ。

借りぐらしのアリエッティ
感想はこちらに書きました。

クライモリ・デッドリターン
クライモリ-禁猟区-はジャケ詐欺に引っかかったから、この正当な続編は嬉しいです。
と思ったらミュータント2人だけかよ!1人はさっさと退場しちゃうし…。
それなりには楽しかったけど、うーん。

戦場でワルツを
レバノン難民大虐殺や、その時代についての知識が全然無いから観ていても独特なタッチのアニメーションで
語られる物語に現実感が感じられず引き込まれなかった…。
これアカデミー賞ノミネートしたし評価高いから勉強不足な自分が悪い!ゴメンなさい!

新座頭市・破れ!唐人剣
ジミー・ウォングも有名人だから決着付けずにお茶を濁すかと思ったら…。
殺陣ももちろんカッコイイけど、途中落ち葉を居合いで真っ二つにするシーンがカッコ良過ぎてしびれました。

カンフーパンダ
シネマハスラーで高評価だったので観ました。世界観の破綻も無くキッチリまとめられていて面白かったです。

座頭市・鉄火旅
ある理由から仕込み杖が使えませんが、最後にそれまでの鬱憤を晴らすかのように斬りまくる!
あとキセルでドスをからめとって弾き飛ばすシーンが印象的でした。
しかしラストに藤田まことを持ってくる必要あったのかなー。

悪名
61年じゃ勝新も太ってないですね。勝新も田宮二郎もカッコよかった。そして中村玉緒、当たり前だけど若い!
ただ今の映画より音が悪くてセリフが聞き取り辛かったです。7人の侍みたいに字幕があるとよかったです。

座頭市・血笑旅
赤ん坊を連れて旅する変わった話。服に火がついた状態で戦う市にハラハラしました。

サイレントヒル
ムービープラスでやっていたのでつい観てしまいました。
錆だらけで荒れまくった街のビジュアルとラストに出て来るクリーチャー?はカッコイイ。

エアベンダー
タダ券が当たったので観てきました。
シャマラン普通の映画もちゃんと撮れるんですね。普通に面白かったです。
ちゃんと続編も撮らせて貰えるといいですね。



この感想をまとめていて、REC2のことを思い出して腹が立ってきました。
自分の中でそれくらい許せない映画です。

100805 BASARA展のこと

表参道のスパイラルガーデンでやっているBASARA展に行ってきました。

ジャンルにとらわれず様々な作品があってとても観応えのある展示でした。

IMGPa3987.jpg
ぐんそーと一緒に行きました。

作品を観ていてふと後ろを振り返ると天明屋尚さんが!
一緒に行ったぐんそーが大好きな作家さんです。
なのにぐんそーは話しかけず…
もったいない!

100801 借りぐらしのこと

arrietty.jpg

借りぐらしのアリエッティを観てきました。

この映画巷での評判があまりよくありませんが、実際に観てその理由が分かりました。

アリエッティで良かったのはまず作画の美しさ。細かいところまでしっかり描き込んであります。まぁこれは
ジブリなので当然といえば当然か。
そして様々なものから発せられる音もリアリティがあったと思います。
雑誌やテレビで音響監督が取り上げられていただけあります。

今度は良くなかったところですが小人と人間の関係、アリエッティと人間の少年・翔との交流など
いくらでも掘り下げられそうなことがどれも中途半端にしか描かれておらずストーリーが盛り上がりに欠けます。
そのせいか登場人物に誰一人感情移入できるキャラがいませんでした。

小人から見た世界の描き方もアッサリし過ぎていて
画はキレイですが印象に残るようなシーンが全くありませんでした。
(序盤で借りに出かける時、ネズミには気をつけろと父親がアリエッティに話すシーンがあったので
これは伏線になってるなと思ったら全然そんなことなかったし…)

ジブリの作品は親子で観に来ることが多いと思いますが今回のアリエッティ、正直どの層を狙ったのか
分かりません。
親子で来たら子供は退屈するだろうし大人は眠くなります。

この映画は約90分ですがあまりの退屈さに2時間くらいに感じました。

最後に、アリエッテは登場人物全員芸能人が声を当てていますが概ね良かったです。
ただ神木隆之介は台詞喋ってる感が気になりました。

CMでも使われていた「怖がらなくていいよ…」のシーンは正直神木の技量が足りず不気味なシーンになってました。
プロフィール

Author:nanairomachi
イラストレーター町田七音のブログです。
立体イラストをメインに制作しています。
作品はホームページで見ることができます。

ホームページ七色町

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。