スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくのエリ 200歳の少女 感想




スウェーデン映画で、話題になっているぼくのエリ 200歳の少女を観てきました。

この映画はちょっと変わったヴァンパイアものです。
主人公のオスカーは学校でイジメの標的にされています。
帰ると木を相手にタクシードライバーのトラヴィスみたいなことを
言いながらナイフを突き立て鬱憤を晴らしています。
そして趣味は陰惨な事件の記事のスクラップ…。
将来が心配です。

いつものように木にナイフを突き立てていると、隣に越してきたエリと出会います。
その裏では逆さ吊りにされ、首を切られ血液を抜かれる猟奇的な事件が発生し郊外の住宅地を騒がせます。

段々とオスカーとエリは親しくなっていき、オスカーはエリに告白します。
エリは答えます。
「私が女の子じゃなくても好き?」



この映画は少し引いた画面が多く激しいカット割りも無く、淡々と物語を描いていきます。
特にショッキングなシーンは直接的な表現は観せません。
あと状況を口で説明するような興醒めするシーンも無く
言葉は最小限に物語りは進行します。

なんかこう書くと退屈な映画にみえますが
撮り方もとてもうまいし、主演のオスカーとエリ役の2人がとても魅力的で
物語に引き込まれます。
オスカーはとっても肌が白くて、髪はキレイな金髪の人形みたいな美少年。
エリは大きな眼が特徴的で神秘的な雰囲気です。
この2人が、ヴァンパイアものという現実離れした物語に
ある種のリアリティーを与えている気がします。

上映後はそして今もですが、
何か上質な映画を観たことはわかるのですが
正直この映画に対する明確な感想が持てていません。
もう一回観て気持ちに整理をつけたい気分です。

映画が好きな人は観ておくべき作品だと思います。

しかし邦題は最低ですね。
この邦題を付けたヤツは本当に映画を観たのか疑問です。

あとネタバレになるから詳しく書きませんが、
あのシーンはボカシ入れたらダメでしょ。

自分はラジオの映画評でこのシーンの意味を先に知っていたので
わかりましたが、あんな風にしたら意図しない解釈をしてしまうよ!

それとパンフレット、大した情報載ってないくせに高いよ!!

ハリウッドでリメイクもするそうですが、
ここまで完成した映画だと確実に本家は超えられないだろうなあ…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

初めまして。

私も、初回では釈然としませんでした。

今は、プールのシーンの終わりの、二人が笑顔をかわすアップが、全てを物語っている様にかんじます。

Re: 初めまして。

>ヨッちゃんさん

コメントありがとうございます。
そうですね、あのシーンもすごく印象的でした。
その後の列車のシーンはハッピーエンドのように見えますが
大きな不安も同時に存在するラストでしたね。

もう渋谷での公開も終わってしまったので、レンタルで出たら
また観直そうと思います。

そういえばイラストがとても良いです。

この映画の原作「モールス」も、傑作でした。
登場人物が少し増えて、映画と違った魅力があります。
映画の説明不足的な面が、補われて良いなあと思います。

Re: そういえばイラストがとても良いです。

>ヨッちゃん さん

ありがとうございます。
そう言って頂けると嬉しいです。

僕も原作小説を読んでみようと思います。
プロフィール

Author:nanairomachi
イラストレーター町田七音のブログです。
立体イラストをメインに制作しています。
作品はホームページで見ることができます。

ホームページ七色町

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。